HOME > Fashion > 内羽、外羽それぞれどういった場面に適した靴か

内羽、外羽それぞれどういった場面に適した靴か

ビジネスシーンにおいて、印象を左右する「ビジネスシューズ」。

手入れやデザインなどに気をつかう方は多くいますが、「内羽根」「外羽根」の違いをご存じでしょうか?

デザインの細部までこだわることで、より上質な男を演出できます。

この記事では、ビジネスシューズの内羽根と外羽根の違いと着用シーンについて解説していきます。

内羽根と外羽根の革靴の違いとは?

引用:O-DAN

そもそも、ビジネスシューズにおいて「羽根」とは、靴紐を通す穴である鳩目(アイレット)がついているパーツのことを指します。

紳士靴を分解すると、鳩目部分のパーツが2枚の羽のように見えることから「羽根」と呼ばれています。そして、羽根が甲部分の内側に縫われている靴を「内羽根」、外側に縫われている靴を「外羽根」といいます。

内羽根と外羽根の革靴はデザインの違いだけでなく、適した着用シーンが異なります。

ここからは内羽根、外羽根それぞれの特徴について解説していきます。

内羽根(オックスフォード)の革靴の特徴

内羽根の靴は、特別なイベント時に履くドレスシューズとして愛用されてきた歴史があります。そのため、冠婚葬祭のようなフォーマルなシーンに適した靴といえます。

アメリカやイギリスなどでは「オックスフォードシューズ」と呼ばれるのが一般的です。

ビジネスシーンでは、社内式典やプレゼンなど特別な時に着用することで、よりフォーマルな印象を与えられます。また、エナメルやコードバンなど、革の種類や色によって大きく表情を変えるのが特徴です。

・最もフォーマルな内羽根のストレートチップ

内羽根の中でも、最もフォーマルなのが「内羽根ストレートチップ」です。とくに黒の内羽根ストレートチップは、結婚式のような冠婚葬祭でよく着用されています。

ストレートチップとは、つま先部分に横一文字に入った飾りステッチのことです。つま先部分に飾りのない「プレーントゥ」と比べ、よりスッキリしたイメージへと仕上がります。

・内羽根の履き心地とサイズ感

内羽根の靴は、羽根が甲部分の内側に入っているため幅の調整が難しく、日本人だと窮屈に感じやすいです。

そのため、甲高、幅広の足や外羽根式の靴を愛用している方は、フィッティング時にワンサイズ上のサイズも試着してみるのがおすすめです。

外羽根(ダービー)の革靴の特徴

引用:O-DAN

外羽根の靴は、歩きやすさや着脱のしやすさを重視してデザインされた革靴です。そのため、普段履きや身内の集まりのようなカジュアルなシーンに適した靴といえます。

アメリカやイギリスなどでは「ダービーシューズ」と呼ばれるのが一般的です。

ビジネスシーンでは営業回りや電車通勤が多い方に愛用されています。ジーンズやポロシャツなどの「ビジネスカジュアル」に合わせるとカチッとしすぎず、ほどよいカジュアルな印象を与えられます。

・外羽根はデザインが豊富

カジュアルなシーンで着用される外羽根の革靴は、つま先にWの形にステッチが入った「ウィングチップ」や飾り穴の空いた「メダリオン」など、内羽根よりデザインで個性を出しやすいのが特徴です。

しかし、大きすぎる飾り穴やソールが分厚すぎる靴を選んでしまうと「ゴツすぎる」「ラフすぎる」という印象を与えてしまいます。

冠婚葬祭のようなフォーマルシーンでは敬遠されるデザインもあるため、デザイン選びにも気を使いたいところです。

・外羽根の履き心地とサイズ感

外羽根の靴は、羽根が甲部分の外側についているため幅の調整がしやすく、日本人の足に合った形の革靴といえます。

本革製品の場合、着用していくうちに革が伸びるので、フィッティング時はピッタリ目のサイズから試すのがおすすめです。

内羽根と外羽根のおすすめ名作革靴

引用:O-DAN

最後に、内羽根と外羽根の名作シューズを2つ紹介します。どちらも大人の男性が憧れる最高品質の1足となっており、現在のシューズデザイナーにも影響を与えている名作です。

・【内羽根の名作】JOHNLOBB(ジョンロブ) CityⅡ

引用元:https://www.johnlobb.com/ja_jp/mens-shoes/city-ii-single-leather-sole#selection.color=Black%20Calf

ジョンロブは、イギリスを代表する高級シューズブランドです。1866年にロンドンでビスポーク(フルオーダー)専門店として創業されました。

1976年・パリ支店がエルメスの傘下となり、1982年・既製靴の製造を開始。そこからジョンロブは最高品質の革靴として世界中にその名を知られることとなります。

その後、オーダー専門の「ロンドン」と既製靴の「パリ」と分業し、現在へと至ります。そんな、ジョンロブの既製靴の定番オックスフォードシューズが「CityⅡ」になります。

革にはエルメスの最高級のカーフを、ラスト(木型)にはジョンロブの傑作といわれる「#7000」を使用しており、まさに革靴の王者が生んだ最高峰のオックスフォードシューズといえるでしょう。

形は定番ながら品質と品格を併せ持ち、現在でも多くの男性を魅了し続ける一足となっています。

・【外羽根の名作】ALDEN(オールデン) 990

引用元:https://www.lakotahouse.com/

オールデンは、1884年にマサチューセッツ州で創業されたアメリカを代表する高級シューズブランドです。

アメリカを代表するグッドイヤーウェルテッド製法で釣り込まれるオールデンの革靴は、伝統的な気品とどこかアメリカナイズされた男らしさを漂わせます。

そんな、オールデンの最高傑作の1つといわれるのが「990」です。

アッパーには「革のダイヤモンド」と評される馬革(コードバン)を、ラストには矯正靴を起源に持つ「モディファイド」が使用されており、デザインと履きやすさが融合されたダービーシューズとなっています。

990は主張が強い革靴で、ビジネスシーンに合わせるのが難しいといわれています。その反面、愛用者も多く上級者向きといえます。

足元に物足りなさを感じた時に、挑戦してみたい一足です。

関連記事:管理職なら持っておきたい、世界のドレスシューズ5選

まとめ

ここまで、革靴の内羽根と外羽根について解説してきました。

内羽根はフォーマルシーンに、外羽根はカジュアルシーンに合わせたい靴です。

とはいえ、ビジネスシーンにおいてデザイン性で指摘されることは少なく、冠婚葬祭以外では基本的には自分の好きな靴を選べば問題ありません。

しかし、着用に適したシーンを理解しておくことで「ここぞの場面ではピシっと決める」「あえてハズす」など、着こなしで大人のオトコを演出することができます。

これから革靴を選ぶ際は、内羽根と外羽根にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

(たけちよ@)

Share

Related

関連記事

洒落者ならば知っている「タイユアタイ」の仕上げのシャルパ

2022.01.27

大人の男性なら知っておきたいワークブーツ大全

2021.12.15

秋冬ファッション最前線!ハウンドトゥースコートで演出する大人の英国スタイルとは?

2021.11.04

デキる男は自分に合ったカラーを選ぶ

2021.09.29