HOME > Interview > 世界初の完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」
ダミー画像

世界初の完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」

近年ワイヤレスイヤホンは、私たちの生活に手放せないものとなっています。機能やデザインもとても豊富。どれにしようかと迷ってしまいますよね。

その中でも、ワイヤレス骨伝導イヤホンがあることをご存知でしょうか。
「骨伝導」というワードは、なんとなく耳にしたことがあるかもしれません。しかし実際どういうものなのか、興味はあるけど使ったことがない人も多いと思います。

そこで私たちMen‘S App編集部は、骨伝導イヤホン・骨伝導スピーカーを実際に使ってみました。この記事では骨伝導デバイスがどういうものなのか、体験する中で感じた魅力と合わせてお伝えします。

世界初の完全ワイヤレス骨伝導イヤホンメーカー「BoCo」

『骨に振動を与え、音を届ける骨伝導技術』といった仕組みを用いたデバイスメーカーである「BoCo」
今までにない、オリジナリティのある骨伝導を目指しています。耳をふさがないことで、音楽を楽しみながら周りの環境音も聞くことができる『新しい聴くスタイル』を提唱しています。

これまでの骨伝導製品とは違い、高音質を極めているのが特徴です。熟練の技術者が開発した特許技術である骨伝導の心臓部は、無駄のない振動で長時間再生可能となりました。

日本国内の自社工場で生産しているので、品質のクオリティが高く、スタイリッシュなデザインになっています。

おすすめの骨伝導商品

・世界初!完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」
今までの首掛け型やヘッドセット型骨伝導イヤホンとは違い、完全ワイヤレスになった「PEACE TW-1」
耳をふさがずに骨で聴くので安全性が高く、会話もすることができます。

「こんなイヤホンを探していた!」との声が強く、2019年クラウドファンディングでは国内最高支援額を達成し、話題となりました。

気になるデザインは、コンパクトでスタイリッシュ。耳にはさむイヤーカフ型となっています。片耳約9gと軽く、つけていることを忘れてしまうようなイヤホンです。
サイズも小さいので、上着の着脱や髪の毛に引っかかる心配がなく、ストレスフリーとなっています。

カラーもバリエーションも豊富なBLACK・WHITE・SAKURAPINK・LIGHTBLUEの4色。SAKURAPINK・LIGHTBLUEは各色限定5000台でなくなり次第終了です。

「グッドデザインアワード2021 グッドデザイン賞受賞」や「第1回蔦屋家電+大賞 GREEN FUNDING部門 金賞受賞」と多方面から支持を得ており、人気をうかがえます。

「イヤホンは、音質が良くないと!」とこだわる人も多いと思います。「PEACE TW-1」は、低音・中音・高音のバランスが良い音質となっており、とてもクリアで鮮明。ワンランク上の音質を楽しむことができますよ。本当に骨伝導で聴こえているのかと疑問を持ってしまうほどです。
これも骨伝導の能力を発揮するため、耳の内側に装着することができる世界最小の骨伝導デバイスだから可能なことです。

・なんでもスピーカーに変えることができる「docodemo SPEAKER SP-1」
通常、音は空気の振動を通して耳に伝わり、聴くことができます。しかし「docodemo SPEAKER SP-1」は、直接物を振動させて音を伝えるのです。

スピーカーをのせた場所の材質や形状により、音の響き方が変化します。木・ガラス・金属などの様々な場所に置いて、どんな音が出るのか実験のように試すことができます。今までのスピーカーになかったおもしろさがありますよ。

手のひらサイズのコンパクトなボディからは想像できないくらいのダイナミックな音量が出るよう調整されています。音量を下げてもフラットなサウンドで、高品質の低音と高音を聴くことができます。

こちらもイヤホン同様に「グッドデザインアワード2019 グッドデザイン賞受賞」しています。

骨伝導イヤホン・スピーカーがおすすめの理由

骨伝導イヤホンといっても、実際使ってみないとどんな感じなのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

ここからはMen‘S App編集部が「BoCo」の骨伝導イヤホン・スピーカーを実際に体験。おすすめの使い方と理由をご紹介します。

・骨伝導イヤホンでテレワークや通勤が快適
「テレワーク中に家族に呼ばれても、わからなくて困る」「インターホンが鳴っても気が付かなかった」という経験はありませんか?骨伝導イヤホンは、耳をふさがないので周囲の音が聞こえて安心です。家族との会話もスムーズにすることができます。

高感度マイクが搭載されているので、Web会議にも使うことができてとても便利です。耳の中に入れないので、長時間つけていても気になりません。耳が痛くて疲れるということもありませんよ。

通勤中の電車で音楽を聴きたいという人にもぴったりです。「音楽を聴いていたら、電車を乗りすごした」ということも防ぐことができます。電車のアナウンスもしっかり聞くことができました。

また、イヤホンをするとシャカシャカと音漏れしていないか心配になりませんか?「周りの目線で気が付いた」なんて恥ずかしいこともあるかもしれません。この骨伝導イヤホンは従来品より約50%音漏れを軽減したので、音漏れが気になりませんよ。

・散歩やランニング中におすすめ
今までイヤホンをして散歩やランニングをすると、車が接近しても気付けなかったのですが、骨伝導イヤホンは耳を塞がないためまわりの音もしっかり聞こえてきます。安全に運動と音楽を楽しめるのが骨伝導のいいところ。パートナーとランニングする時に、会話をしながら音楽も聴くことができます。

防水性能があるので、突然雨が降ってきても安心。汗をかいても蒸れにくいので使い心地が良いです。

BoCoの骨伝導イヤホンは耳にはさむタイプなので、フィットして動いても落下することがありません。ランニングに集中できますよ。

・難聴のリスクを減らすことができる
骨伝導イヤホンは、骨で音の振動を受け取り、聴覚神経に届ける仕組みになっているので、鼓膜の負担が少なくなります。
ヘッドホンやイヤホンは直接耳に装着して音を聴くので、その分リスクが高くなるのです。

聴力が低下するしくみは、内耳の蝸牛にある有毛細胞で振動から電気信号に変わり、脳に伝わって音が聞こえます。音楽を大音量で聴きつづけると有毛細胞に傷がつき、消耗し、聴力が低下してしまいます。

一度消耗すると、もとには戻りません。少しずつ進行していくので、初期の段階では気が付きにくいのです。

世界中の若者11億人に難聴のリスクがあるとされています。骨伝導イヤホンは、若年性難聴のリスクを軽減してくれる最適なツールなのです。

・アウトドアにもおすすめのスピーカー
「どこでも」「いつでも」「なんでも」スピーカーに変えることができるのが、骨伝導スピーカー。直接ものを振動させて、音を伝えてくれます。コンパクトで持ち運びがスマートなのがいいところ。専用のケースもついているので、衝撃から守ってくれます。

キャンプやBBQなどのアウトドアに持っていくと、ワンランク上の空間を演出できます。スピーカーの裏はシリコンゲルの粘着部になっていて、車のボンネットに付けると大迫力の音が楽しめますよ。「そのスピーカーなに?」と仲間たちの間でも話題になること間違いなし。

まとめ

今回は、骨伝導イヤホン・スピーカーを実際に体験し、感じた魅力をお伝えしました。耳をふさがないことで、音楽を楽しみながら周りの音にも注意することができる、新しいスタイルのながら聴き。骨に振動を与えて、音を届ける骨伝導という技術が叶えてくれました。

難聴リスクを抑え、かつ機能的。デザインもスタイリッシュでおしゃれな骨伝導イヤホン。今までとひと味違った楽しみかた。そんな一歩先の音楽を聴いてみてはいかがでしょうか。

・boco STORE Ginz

所在地 :〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目12番13号 大東銀座ビル1F

電話番号:03-5537-3308

営業時間:(平日)10:30~19:00

定休日 :土・日・祝日

WEB:https://boco.co.jp/

Share

Related

関連記事

ダミー画像

編集部体験記-「極上の空間 ソロサウナtune」

2022.09.23

ダミー画像

今流行りのeスポーツにおすすめのゲーミングデバイス4種とは?

2022.07.22

ダミー画像

木から生まれたサステナブルなQINOソーダとは

2022.07.22

ダミー画像

糖質制限は危険?ケトジェニックで無理のない新しいダイエット習慣

2022.07.14