HOME > Interview > 腸内環境を整える?生菌サプリメント マイビオ
ダミー画像

腸内環境を整える?生菌サプリメント マイビオ

メタボ気味のお腹周りが気になり、現在ダイエット中の筆者です。

主に妻の食事管理とジム通いにより、順調に健康体重に近づいていたのですが、最近は体重の減りが思わしくありません。それに加えて近頃は、恥ずかしい話ですが便通があまり良くありません。

ストレスだろうかと、妻にこぼしたところ「マイビオってサプリが評判がいいみたいだよ。腸内細菌を整えてくれるんだって」とのこと。

腸内の菌がなにやら健康に関係しているとは、なんとなく聞いたことがある筆者ですが、便通はともかく、腸内環境を整えることはダイエットにも関係あるのでしょうか。

いろいろ調べ、腸内環境を整える重要さがわかり、今の私の悩みを解決するのには「マイビオ」がぴったりであることがわかりましたので、今回はそのご紹介をいたします。

腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やそう

最近の研究では、腸内細菌には「1つの臓器」に匹敵するほどの働きと影響力があることがわかってきており、私達の心と体の健康を支えてくれているそうです。

腸内を良い状態に保つのは、想像していたよりも大切なことのようです。

・そもそも腸内環境とは

腸内環境とは、大腸の中にいる細菌の数のバランスのことです。

ヒトの大腸内には細菌が棲みついているのですが、その数はなんと100兆個から1,000兆個にも及ぶとのこと!ものすごい数の細菌が、私達の腸にいるんですね。

腸内細菌が種ごとに群生する様子が、まるでお花畑(フローラ)のように見えることから、腸内フローラと呼ばれています。

細菌の種類は約1,000種類に及ぶのですが、中には健康に悪い影響を及ぼす細菌もいます。この細菌のことを『悪玉菌』と呼び、反対に人体に良い影響を与えてくれる細菌を『善玉菌』と呼びます。そして、そのどちらでもなく、その時々で数が多い優勢な方へなびいて味方の働きをする菌は『日和見菌』と呼ばれます。

健康な人の腸内は、善玉菌20%、日和見菌70%、悪玉菌10%のバランスが保たれています。このバランスが崩れ、悪玉菌の数が善玉菌の数を上回ると、形勢逆転、日和見菌も悪玉菌の味方をするようになり、腸内環境は一気に悪化するのです。

菌にも社会性があるようで、なんだか人間社会の縮図みたいで面白く感じますね。

・善玉菌を増やすには、菌とエサの複合摂取(シンバイオティクス)が重要

善玉菌の数を、悪玉菌の数より多く保つ必要があることがわかりました。それでは、善玉菌の数を増やすには、どうすれば良いのでしょうか。

ひとつは生きた善玉菌「プロバイオティクス」を食べ物から摂取することです。プロバイオティクスを含む食品である、納豆やヨーグルト、乳酸菌飲料などを摂取することで、体内の善玉菌を増やすことが出来ます。しかし、食事により摂取したプロバイオティクスは、時間の経過とともに減少してしまいますので、毎日継続してプロバイオティクスを含む食品を食べ続ける必要があります。

もうひとつの方法は、善玉菌のエサとなる食品成分「プレバイオティクス」を摂取することです。エサを十分に与えることで、体内の善玉菌を育てるというわけです。オリゴ糖や食物繊維、穀物麹などがプレバイオティクスの食品成分として認められています。

しかし、生きた善玉菌を含み補う”補菌”食材であるプロバイオティクスと、善玉菌のエサとなり育てる効果のある”育菌”食材プレバイオティクス、どちらかだけでは腸内環境を整えるのには十分でありません。

プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に摂取することを「シンバイオティクス(複合摂取)」といい、善玉菌を増やすのに効果的とされています。

・善玉菌の中でも注目の菌は「酪酸菌」

善玉菌である「乳酸菌」や「ビフィズス菌」などは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。乳酸菌の中でも「LAC-343」は「ガセリ菌」と呼ばれ有名ですね。

たくさんの種類が存在する善玉菌ですが、最近特に、「酪酸菌」という菌が注目されているそうです。

さまざまな健康効果を期待される「酪酸菌」

酪酸菌とは、どのような働きのある菌なのでしょうか。

脂質を構成する脂肪酸である「短鎖脂肪酸」の一種を、「酪酸」と呼びます。「酪酸菌」とは、腸まで届けられた食物繊維を発酵・分解することで酪酸を作る細菌の総称です。

短鎖脂肪酸は、ヒトの大腸内で腸内細菌によって作られる有機酸の一種であり、私たちの健康において様々な有益な働きをするとされています。善玉菌が「酸」を生み出すため、健康な腸内は弱酸性となっています。

短鎖脂肪酸の具体的な働きは、腸内を弱酸性に保ったり、有害な菌の増殖を抑制したりすることです。加えて、肥満予防や腸の炎症予防、免疫機能の調整など、様々な健康効果があることがわかり、注目を集めています。

・酪酸菌がダイエットにいい理由

なぜ短鎖脂肪酸が肥満予防に良いのでしょうか。それは、大腸で善玉菌が短鎖脂肪酸を作った量によって、体がどれくらいのエネルギーを摂取したのかを判断するシステムにあります。

善玉菌により、たくさんの短鎖脂肪酸が作られれば、食べ物を大量に摂取したと体が認識し、エネルギー代謝が活発になります。

逆に腸内に善玉菌が少ないと、生成される短鎖脂肪酸も少なくなるため、体が食べ物が入ってきたことを認識できず、エネルギー代謝が上がらず太ってしまうのです。

つまり、酪酸菌が体内にたくさんいると、大量の短鎖脂肪酸をつくり出すことでエネルギー代謝を活発にうながし、肥満の防止につながるといえます。

・酪酸菌を摂取できる食品はほとんどない

酪酸菌を含む食品は、臭豆腐やぬか漬けぐらいしかありません。しかも、市販のぬか漬けは洗浄されていたり、食品添加物が含まれたりしている理由から、期待する量の酪酸菌を含んでいるかは疑問が残ります。

日常生活で継続的に酪酸菌の摂取を続けるのは、非常に難しいといえるでしょう。

酪酸菌が含まれているサプリメントを利用するのが一番の近道です。

妻に勧められたサプリメント「マイビオ」とは

妻に勧められたサプリメント「マイビオ」は、肥満を防止する「酪酸菌」を含み、菌と菌の栄養の複合摂取をかなえることができます。女性向けな印象のサプリですが、確かに内容はとても良さそうです。まさに今の自分が求めているサプリだと思いました。

・生きた菌を腸内まで届ける「生菌サプリメント マイビオ」

マイビオには、酪酸菌が2,000万個配合されています。そして、乳酸菌「LAC-343(ガセリ菌)」は1億個、ビフィズス菌は20億個も配合されており、特殊加工された「耐酸性カプセル」によって、生きたまま菌を腸内に届けることが可能なのだそうです。

善玉菌のエサである食品成分プレバイオティクス、アカシア食物繊維・フラクトオリゴ糖・穀物麹・サイリウム種皮末もふんだんに含まれているので、先程紹介した複合摂取(シンバイオティクス)もかなえることが出来ます。

これだけの内容を、毎日の食事のみで摂取することは、ほとんど無理なのではないかと思いました。サプリメントであれば、手軽に毎日の継続を続けられそうです。

男性にもおすすめ「マイビオ」で腸内環境を整えてダイエットもかなえよう

最初、マイビオのことを知ったときは、パッケージなどのイメージから女性向けであり、自分には関係のないものだと感じました。しかし、男性女性関係なく、誰にでも腸内環境を整える必要はあるといえます。

そして、腸内環境を整えるためには善玉菌を増やす必要があり、ダイエットを考えると、特に酪酸菌を積極的に摂取しなくてはなりません。いろいろなサプリメントの成分も見てみましたが、今の自分にはマイビオが一番ぴったりなのではないかと思い、これから愛用していくつもりです。

メタボが気になる世代のMen’s App読者のみなさんにも、マイビオはおすすめです。

もちろん、ダイエットだけでなく、お腹の具合も整えることができます。私のように悩んでいる方に、ぜひ試していただきたいサプリメントのご紹介でした。

Share

Related

関連記事

ダミー画像

今流行りのeスポーツにおすすめのゲーミングデバイス4種とは?

2022.07.22

ダミー画像

木から生まれたサステナブルなQINOソーダとは

2022.07.22

ダミー画像

糖質制限は危険?ケトジェニックで無理のない新しいダイエット習慣

2022.07.14

ダミー画像

おいしい備蓄食を準備しよう 尾西食品/杉田エース

2022.06.21