HOME > Interview > 耳をふさぐ事なく使える、わずか7.5gの骨伝導イヤホン「PEACE SS-1」
ダミー画像

耳をふさぐ事なく使える、わずか7.5gの骨伝導イヤホン「PEACE SS-1」

骨伝導を活用したコミュニケーション・デバイスメーカーであるboco(ボコ)から登場した新製品、完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「PEACE SS-1」。世界初の完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」から多数の進化を遂げた「PEACE SS-1」について、編集部員が実際に使った感想を交えつつ、ご紹介していきます。

boco(ボコ)とは

「すべての人に平等に音を届ける」コミュニケーション・デバイスメーカーです。

通常の骨伝導デバイスだけでなく、聴覚補助デバイスの開発も行っており、聴覚に障害を抱える方々へ骨伝導技術を活かし音を届けています。

骨伝導で音を聴く事により、鼓膜を通さずに音を聴く事ができるため、鼓膜の劣化の予防や、音を聴く事を諦めていた人に音を聴く楽しさを日々提供しています。

実際に先天性の聴覚障がいのために左耳で音をことができなかった少女が、骨伝導デバイスを利用することによって、生まれて初めて左耳で音を聞くことができたという感謝の手紙が公式HPに掲載されています。

新発売の「PEACE SS-1」とは

「PEACE SS-1」は、boco(ボコ)が新たに発売した、完全ワイヤレス骨伝導イヤホンです。従来の製品である「PEACE TW-1」に比べ、本体の軽量化や、連続使用時間が伸びており、そのフォルムもよりスタイリッシュにブラッシュアップされた製品になっています。充電時間の短縮など、より使う人に寄り添った仕様になっており、生活の中で使いやすいように設計されています。

ではその「PEACE SS-1」の特長について、1つ1つ見ていきましょう。

特長1:快適に使える装着感

ワイヤレスイヤホンを使ったことのある人の誰もが経験した事のある、耳から落としてしまい、イヤホンを壊してしまったり失くしてしまうという事故。そういった事故をできる限り防ぐため、いろいろな耳の形に対応できる角のない滑らかな曲線のカーブを描くデザインを考案。また小型化する事によって、より耳への圧迫感を軽減し、長時間装着しても快適に使用できる工夫がされています。チタン製の芯材を使用し、ホールド感と柔軟性をあげ、落としやすいというワイヤレスイヤホンの弱点をカバーしつつ、快適に使用できる装着感にこだわっています。

特長2:耐久性の高さ

振動部と本体をつなぐアーチ状の部分にチタン製の芯材を使用し、一体成形構造にする事によって耐久力を向上させています。曲げても壊れにくい、耐久性の高い構造と素材に徹底的にこだわり、研究した成果を結集させて作り上げた構造です。

また汗や雨といった水に対しても、防水性能の高さを表す規格IPX7(一時的に一定の水深に水没しても内部には浸水しない・防浸形の規格)という高い防水性能を搭載しているため、運動中に大量の汗をかいたり、屋外での利用中に突然の大雨に見舞われても安心して使える製品になっています。

特長3:ハイクオリティな音質と通話品質

最先端のBluetooth Chipを搭載。最高レベルのノイズキャンセリング機能で通話をよりクリアに快適に。音声通話の最適化を行い、通話での音質低下によるストレスを限りなく軽減する事に成功しました。

また音楽に関しては、骨伝導による音の特徴を徹底的に研究し、骨伝導製品としては世界初の周波数4Hz~40,000Hzという広帯域・高音質を実現。人の可聴帯よりもはるかに広い周波数を再現できるため、今までの骨伝導製品では考えられないほど、飛躍的に高い音質の視聴を可能にしています。またこれにより、音楽以外の動画配信などの音声の再生もクリアに聞くことができ、ながら聴きの質がアップしました。

特長4:急速充電と、長時間の連続使用が可能

従来製品よりも小型化していても、充電時間は短縮、連続使用時間は長時間になっています。わずか10分の充電で約4時間の連続使用が可能になっており、1回の充電で最大連続約8時間、クレードルを併用することで約24時間の利用が可能です。フル充電に必要な時間は本体は約50分、クレードルは約100分のため、夜充電しておけば、日中の長時間の持ち歩きも可能になります。

特長5:通信遅延の短縮

最新型のBluetooth Chipを搭載することにより、音源側からの通信遅延を短縮します。aptX adaptive対応によって低遅延・高品質の音声データが送信可能に。ゲームなどの音声の遅延を減らし、快適に楽しめる環境を実現しています。※aptX adaptive対応の送信機・スマートフォンを利用した場合

特長6:簡単・確実な操作性

クレードルの蓋を開けるだけで電源がONに。蓋を開けた数秒後にペアリングモードに移行します。

操作は誤操作を防止するため、タッチボタンではなく感圧ボタンになっています。いちいち携帯を取り出す手間を省き、簡単に操作することが可能になっています。

「PEACE SS-1」のスペック表

サイズ本体:約26/30/30mm
サイズケース:約39/76/43mm
重量本体:約7.5g
重量ケース:約56g
連続使用時間:約8時間(クレードル併用時:約24時間)
充電時間本体:約50分
充電時間クレードル:約100分
カラー:ブラック・ホワイト
防水性能:IPX7,IPX5
Bluetooth Ver.:5.2
充電規格:Type C
オーディオコーデック:SBC/aptX adaptive
ガイダンス:英語
通信距離:10m
骨伝導デバイス:10φ

まとめ

わずか7.5gという軽量化と、骨伝導という特長を持った完全ワイヤレスイヤホン「PEACE SS-1」。

骨伝導という特性から、耳を塞ぐことなく音声を受信でき、ながら聴きをするのに最適なイヤホンです。仕事中でもジョギングしながらでも、外の音を聞き漏らすことなく、音楽が楽しめるというのも画期的。

今までの骨伝導の音声イメージを覆す高音質で、電話の音声も音楽も動画も全てを楽しませてくれます。

仕事中にも音楽を楽しみたい、運動しながらでも音楽を楽しみたい、そんな要望を「PEACE SS-1」は満たしてくれます。

人と音のより良い関係を目指すboco(ボコ)が自信を持って送り出した新製品です。

boco(ボコ)では骨伝導の技術を活かして、一般のイヤホン以外にも、聴覚補助デバイスにも力を入れています。どんな人にもより健康な生活と公平な教育の機会を持って欲しい、その想いを形にしてきたboco(ボコ)の製品には細部にまでその研究の成果と技術力が見え隠れしますね。

最後に

今回ご紹介させていただきました「PEACE SS- 1」は現在クラウドファンディングにて販売中です。

「すべての人に平等に音を届ける」素晴らしい取り組みですね。

骨伝導技術の成長が聴覚機能に障害を抱える方の未来を守ることにもつながると思います。

自分の耳を守りながら、全く知らない誰かに音を届けることができるイヤホン。

これからイヤホンのご購入を考えていらっしゃる方は1度ページを訪れてみてはいかがでしょうか。

クラウドファインディングページはこちら
BoCo株式会社はこちら

Share

Related

関連記事

ダミー画像

おいしい備蓄食を準備しよう 尾西食品/杉田エース

2022.06.21

ダミー画像

DNSプロテイン 確かな高品質&飲みやすい味

2022.06.14

ダミー画像

空間を演出するオーディオ AURA STUDIO3

2022.06.09

ダミー画像

お手入れ簡単、未来型ホットプレート「abien MAGIC GRILL」

2022.06.02