HOME > Business > まだ持っていない?NFTはステータスの証|sns ではドレスコードになる

まだ持っていない?NFTはステータスの証|sns ではドレスコードになる

楽天NFTやLINE NFT、最近「NFT」の文字をよく見かけませんか?

「NFT」という存在はGAFAなど、ビックテックが世界を動かしている時代から、

テクノロジーによって時代が移り変わろうとしている前触れと言ってもよいでしょう。

その理由は「ブロックチェーン」というテクノロジー。

このテクノロジーには様々な要素があり、詳しい解説は割愛させていただきますが、

簡潔に表すなら「個人が尊重される」テクノロジーです。

今、NFTというコンテンツを語ることは時代の「アーリーアダプター」です。

今回はNFTが注目される理由と、今後の未来についてご紹介致します。

引用:Open Sea

NFTとは

NFTが世界で注目されている理由は、無形のデジタルデータに付加価値を与えることができるからです。

NFTの正式名称は「NFT(Non-FungibleToken)」ノン-ファンジャブルトークンです

まず「Non-Fungible(ノン-ファンジャブル)」を訳すと、「非代替性」という意味。

「替えが無い、世界に1つ」という認識になります。

例えるなら「モナリザの原画」や「有名人の直筆サイン」「世界に1枚しかないポケモンのレアカード」などです。

そして「Token(トークン)」とは「象徴、しるし」という意味です。

身近なものですと、クレジット決済を行う場合の認証デバイスを指す場合もありますが、

ブロックチェーンで使われる場合は「暗号資産」を指します。

まとめると、NFTとは「世界に1つの暗号資産」と言えます。

デジタル上では様々なモノが複製、改ざんが可能なため付加価値をつけることが非常に難しいものでした。

それがブロックチェーンの技術により、改ざんがほぼ不可能になり、尚且つ「シリアルナンバー」のような複製の記録や、やり取りの経緯など全てデータに刻まれます。

言い換えるなら「時計の針を戻すことができない」状態、情報に不可逆性が生まれ「唯一無二」のデータを生成することが可能になり、付加価値として認められるようになったのです。

NFTを取り巻くカルチャーは当然、時代をリードしています。

海外の人気NFTは、老舗オークションハウスSotheby’s(サザビーズ)にオークションにかけられ約26億円で落札されています。

引用元:https://coinpost.jp/?p=275572

またバンクシーの原画を燃やし、その原画をNFTにするというパフォーマンスもされており、NFTのカルチャーと可能性は日々進化を遂げ、現在進行形で世界の常識を変えています。

引用元:https://jp.techcrunch.com/2022/01/18/2022-01-17-burnt-finance-raises-8m-led-by-animoca-brands-launches-defi-oriented-nft-marketplace/?guccounter=1&guce_referrer=aHR0cHM6Ly93d3cuZ29vZ2xlLmNvbS8&guce_referrer_sig=AQAAAD2FWCYynBTxnCdPNdg7qPKFllFJAjzIsSSsu_AI2Dwb1IBtn-14h1TgOgMHj3a11H-vIaKzpcVpMezFeSuJrPmBAdpwKAXxb6edG5fLxfy2JuDVvYzI4MihQ47WhRYVDJ53EsUDSL-UjH6OGFxWvDNVqRCF7sAvR-qiP2BSKXdM

他にも音楽や写真、アートだけではなくチケットや文章など、データにできるものであればNFTにして、付加価値をつけることも可能です。

NFTがドレスコードになる理由

ではなぜ「NFT」がドレスコードになるのか。

それは、既にSNSが名刺代わりになっているからです。

フォロワーの質や数は信頼度や影響力を表し、発信内容は「思想」が反映されるコンテンツなので、SNSを重要視するカルチャーが徐々に広がっており、SNSはプライベートやビジネスにも大きな影響を与えます。

そのカルチャーに合わせて、Twitter・Instagram(Meta社)が「NFT」に参入。

2022年4月現在、Instagramはまだ未対応ですが、Twitterに関しては「Twitter Blue」という海外版サブスクリプションサービスで、既にNFTが実装されており、日本でも個人で工夫して利用しているユーザーもいます。

引用:Twitter

画像のようにアイコンをNFTにするとプロフィールアイコンの形がかわり、

「時代を先取るリテラシーの持ち主」ということが、一目瞭然なのです。

これからはZ世代以下のデジタルネイティブが増える一方で、名刺よりSNSが主流となり、

ビジネスにつながっています。

また、NFT界隈では「PFP(プロフィールピクチャ)」というムーブメントがあり、

現在画像で出品されているNFTに関しては、ほぼ「PFP」目的のデザインと言ってもよいでしょう。ですので、ブロックチェーンやNFTを語る上でSNSのアイコンがNFTでないと

「時代の流れに乗ってないのでは?」と思われる傾向もあるようです。

コミットする相手や場所、TPOに合わせてプロフィール画像を「着替える」ことができれば、SNSでもスマートに立ち回れるでしょう。

NFTを持つことはファッションでもあり、ブランドを持つ感覚に近いです。

例えば、Rolexを身につけていれば大体の年収やポジションがわかるように、

NFTでも同じことが言えます。

日本の著名人でもTwitterのアイコンをNFTにしている方はごく少数です。

NFTが盛り上がりを見せている頃に、NFTアイコンにしていたのは関口メンディーさんだけでした。

いつの時代も「先駆者」はカッコいい

NFTは資産価値もあります。

しかし大事なのは、「時代の最先端を走っている」というアイデンティティです。

NFTに今から触ることで、既にアーリーアダプターのポジションで新しい体験が手に入るでしょう。

そしてあなたが起こした行動はブロックチェーンに刻まれ、NFTが浸透する前に先取りした「証」が、誰もが見れる形で確実に残り続けます。

「先駆者」として刻まれることがNFTカルチャーでは、「カッコイイ」とされてます。

さらにNFTを活用し、自身で飛躍させれば、時代を先駆ける「イノベーター」のポジションが待っているかもしれません。

(ヨコヤマ)

Share

Related

関連記事

時代は間もなくWeb3.0へ!次世代の分散型インターネットとは?

2022.06.02

まだ投資していない?一流ビジネスエリートになるためのポートフォリオ

2022.01.27

ウォーレン・バフェットに学ぶ成功への極意

2021.12.15

ストア派哲学で折れないマインドを作る

2021.09.29