HOME > Interview > 編集部体験記-「極上の空間 ソロサウナtune」
ダミー画像

編集部体験記-「極上の空間 ソロサウナtune」

サウナと聞くと、みんなで利用する入浴施設というイメージがありませんか?

近年はサウナの概念も変わり、ソロサウナの施設が増えはじめ、一人きりでリラックスできる空間として人気を集めています。

東京都・神楽坂にある「ソロサウナtune」は日本で初めて完全個室のフィンランド式サウナを導入した施設です。

他のサウナとは違い、着替えからサウナ浴、休憩、シャワーまで個室で完結できる、サウナ初心者でも気兼ねなく過ごせるプライベート空間になっています。

今回は、ソロサウナtuneで人生初めてのソロサウナ体験をしてきました。

フィンランド式サウナとは何なのか?

ソロサウナtuneと他のサウナとの違いは?

など、気になった点を徹底的にレポートしてきましたので、ソロサウナに興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

フィンランド式サウナとは?

サウナ発祥の地はフィンランドといわれており、「サウナ」という言葉もフィンランド語からきています。

日本のサウナはドライサウナが主流。熱気のある空間で時間がくるまで我慢するというイメージですよね。

フィンランド式のサウナはドライサウナより比較的低温の空間で、息苦しさを感じることもなく、スモークやスチームを浴びながらリラックスして過ごします。

・フィンランド式サウナに欠かせないロウリュ

フィンランド式のサウナは「ロウリュ」とよばれる方法で蒸気を発生させます。

熱したサウナストーンに水またはアロマ水をかけ、発生した蒸気で室内の温度を上げて発汗効果をうながします。

フィンランド式のサウナにはロウリュが設置されているのが一般的で、自分のペースでロウリュに水をかける「セルフロウリュ」を行います。

一緒に入浴している人がいる場合は、ロウリュを行うとき一言声をかけるのがマナーです。水を多くかけすぎてしまうと、湿度が上がり、室内が高温になってしまいます。

急激な温度変化は体へ悪影響を及ぼすこともあるため、ロウリュの回数を適度に調整してください。

・森林浴のような癒しのヴィヒタ

ヴィヒタとは、白樺の若い枝葉を束ねたもので、フィンランド式サウナに備えられていることが多いです。

そのままぶら下げているだけでも白樺の香りが広がり、森林浴のようなリラックス効果が期待できます。

他にも、ヴィヒタで全身を叩く「ウィスキング」という健康法があります。

ウィスキングはフィンランドで2000年以上前から習慣化されており、血行促進、抗菌・保湿作用による疲労物質の排出や身体を健康に保つ効果が期待できます。

ソロサウナ tuneの特徴

ソロサウナtuneの最大の特徴は、本格的なフィンランド式サウナが完全個室のプライベート空間で楽しめるという点です。

完全予約制なので、不特定多数の人と密にならず、衛生面を気にしたり、順番待ちをしたりする必要もありません。

チェックインを済ませたら、着替え、サウナ入浴、冷水、シャワー、休憩がすべて個室で完了します。

一人部屋はもちろん、最大3人まで利用できるゆったりとした広さのグループルームも完備されています。

グループルームは同性のみで利用が可能です。

サウナストーブは、本場フィンランドから直輸入したものを使用しており、自分の好きなタイミングでロウリュができます。

アロマ水が用意されているため、より本格的なロウリュで心身のリラックス効果を高められます。

また、室内はBluetooth完備でお気に入りの音楽を聴きながらサウナや休憩を楽しむこともできます。

備品にもこだわりがあり、タオル、サウナハット、シャンプー、コンディショナー、メイク落としは無料です。

チェックアウト後にゆっくり身支度を整えられるパウダールーム(女性優先)もあり、化粧水、乳液、ボディクリームが自由に使用できます。

ソロサウナ tuneを体験

ソロサウナtuneを利用するときは、必ず予約専用Webページで事前に予約が必須です。

電話の予約や直接の来店利用はできません。

今回も、Webで予約を済ませたあとに来店しました。

ソロサウナtuneは神楽坂駅から徒歩3分の「ホステルUNPLAN KAGURAZAKA」の中にあり、1階のカフェスペースの奥にソロサウナtuneの受付があります。

チェックイン時に、検温と体内アルコール測定を行い、サウナに入れる体調かどうかの確認があります。

時間はソロサウナの利用で60分 3800円(税込)~。時間がたっぷりあって嬉しいですね。

初めて利用する方は利用案内動画を見てからスタートです。

水などの飲料水の持ち込みはOK。受付で水やイオンウォーターを購入することもできますし、エントランスにウォーターサーバーがあるので、自由に給水することもできます。

内装はダークグレーなどの落ち着いた色に統一されていて、暗めの間接照明でリラックスできる雰囲気です。

室内は、サウナルーム、シャワールーム、休憩するためのアームチェアが用意されています。

まずは軽くシャワーを浴び、よくタオルで水分を拭き取ってからサウナに入ります。

サウナルームは思っていたよりも温度が低く(80度前後)、湿度は高めに感じました。

ドライサウナのような息苦しさありません。長時間くつろげそうな室内です。

長さが2mもあるベンチは、ゆったり足を伸ばして横になることができます。

本場フィンランドのサウナストーブに白樺のアロマ水をかけ、ロウリュをしてみました。

水をかけるとジュワッと水蒸気が部屋中に広がり、スチームサウナを体感できました。

湿度の上昇とともに、肌がしっとりして、じんわり汗が出てきます。

自分で湿度を調節できるところがロウリュの醍醐味でもありますね。

スチームでゆっくり汗をかくと老廃物が排出されている感覚があり、今までにないデトックス効果を感じることができました。

体が熱くなってきたのでシャワールームに移動。

400口径もある大きめのオーバーヘッドシャワーで一気にクールダウンができます。

温度は16℃程度に保たれており、最初は冷たくてびっくりしましたが、しばらくすると温度に慣れてきて、心地よい気持ち良さを感じました。

水風呂は苦手だったので、シャワーをゆっくり浴びることができてよかったです。

備え付けのシャワーヘッドは温度を自由に変えることができ、ミストやジェットに変更もできます。

シャワーでクールダウンしたあとは、サウナルーム横のアームチェアで休憩しました。

備え付けのリモコンで風の調節をしながら微風浴ができます。

Bluetoothが完備されているので、好きな音楽を流しながら、最高の環境で自分だけの時間に浸れます。

そのあとも自分のペースでサウナ→シャワー→休憩を繰り返し、時間ギリギリまでたっぷりソロサウナを楽しみました。

チェックアウト後でも、別室のパウダールームでゆっくり身支度ができるサービスも嬉しいです。

まとめ

今回は東京都・神楽坂にあるソロサウナtuneを体験レポートしました。

フィンランド式サウナは、今までのサウナの概念をくつがえすほどの居心地の良さで、極上の癒し体験ができました。

ソロサウナtuneは、完全予約制の個室サウナのため、共同サウナに抵抗がある方や、プライベート空間で贅沢にサウナを楽しみたい方におすすめの施設となっています。

たまには日常から離れ、ソロサウナで心も身体もリセットできる「ととのい」の感覚を体験してみてはいかがでしょうか?

ソロサウナtuneはこちら

Share

Related

関連記事

ダミー画像

今流行りのeスポーツにおすすめのゲーミングデバイス4種とは?

2022.07.22

ダミー画像

木から生まれたサステナブルなQINOソーダとは

2022.07.22

ダミー画像

糖質制限は危険?ケトジェニックで無理のない新しいダイエット習慣

2022.07.14

ダミー画像

腸内環境を整える?生菌サプリメント マイビオ

2022.07.14