HOME > Food > ジビエとは?北海道でジビエを美味しく食べられるお店3選

2021.09.29

ジビエとは?北海道でジビエを美味しく食べられるお店3選

最近よく食べられるようになってきたジビエですが、一体ジビエとは?

ジビエとはフランス語で、狩猟で捕らえた野生鳥獣の食肉を意味していて、ヨーロッパでは上流階級の貴族の高級伝統料理として食べられていました。

動物の尊い命を奪うため、肉をはじめ内臓、骨、血液まで全ての部位を無駄なく食されています。

野生で育っている動物の肉は、脂肪が少なくひきしまっていて、栄養価も高いので最高のごちそうなんです。

ジビエとは?

日本では一般的にシカやイノシシが有名ですが、実は狩猟の対象は野生の鳥獣は全てジビエと言われます。
なので、野ウサギや山鳩、カルガモなどもジビエに定義されています。

北海道では、なんと熊まで食べれるお店もあるのです。
日本では野生鳥獣が増えすぎてしまったために、農林業や自然環境への大きな問題となっています。

シカやイノシシなどの野生鳥獣が農作物を食べてしまったり、田畑を荒らしてしまうなどの深刻な被害をもたらしているのが現状です。

農作物の被害は一時200億円を上回っていましたが、全国での捕獲体制を強化したことで、平成29年度には164億円まで減少しました。

北海道で主に食べられているジビエ

色んな種類のジビエがあるなかで、北海道のご当地グルメとして人気があるのがエゾ鹿です。
実はエゾ鹿は北海道では、多大な被害を出している動物で、農業被害や森林破壊の問題が年々深刻化してきています。

増え続けているエゾ鹿は道路や線路に飛び出し、自動車や列車との衝突事故も多発したために、エゾ鹿をただ駆除するのではなく、森の恵みとして活用することで、現在ジビエ料理としてエゾ鹿が注目されるようになりました。

・「tabibitoキッチン」

知床のハンターから直送のエゾ鹿肉とエゾ熊肉メインのお店。
札幌市内では熊肉が食べられるお店はここだけで、クセがなく、とても柔らかいのでリピーターも多いです。

ちなみにお値段は、「エゾ鹿もも肉ステーキ」1,180円、「エゾ熊ステーキ」1,750円で、手軽な金額で美味しいジビエが楽しめます。

この他にもコース料理もあり、「北海ジビエコース」4,600円では、北海道のジビエを堪能できるコースとなっており、「エゾ鹿コース」4000円では、エゾ鹿を堪能できるコースです。

小人数から15名程度の個室、お一人様でもジビエを楽しめるカウンター席、2~4名でご利用できるテーブル席から、20名程度が利用できるテーブル席まで用意されています。

「tabibitoキッチン」

住所  : 北海道札幌市中央区南2条西7 M’sスペース2F
TEL  :  011-206-9946
営業時間: 17:00~翌0:00
定休日 : なし
アクセス: 大通り すすきの 地下鉄駅より徒歩で5分
駐車場 : なし
支払い方法:カード不可・電子マネー不可

・「炭火肉焼き倉庫 CONOYOSHI」

ボリュームがあるお肉料理が食べられるお店。

道産の牛肉や豚肉以外にも、鴨や鹿などのジビエ料理が楽しめるのが特徴で、ワインはなんと豊富な70種類以上が揃っているのが特徴です。

もちろん、肉以外のサイドメニューも豊富にあるので、様々な料理を楽しむことが可能です。

店内はレトロモダンなイメージの内装でゆったりとしたお食事を楽しむことができ、カウンター席とテーブル席、個室は20名様までの利用が可能で、店内は最大約50席が用意されています。

「炭火肉焼き倉庫 CONOYOSHI」

住所  : 北海道札幌市中央区南3条東1-4-2アルファ創成川公園ビル1階
TEL  :  011-219-5656
営業時間: 17:00~23:30
定休日 : 水曜、第1・3火曜
アクセス: 地下鉄大通り駅35番出口から徒歩7分
駐車場 : なし
支払い方法:カード可・電子マネー不可

・「鹿肉&オイスターバル 鹿肉スロウダウン」

北海道の美味しいエゾ鹿が楽しめるお店。
自慢のエゾ鹿は、2歳以下の仔鹿しか使用しないという徹底ぶりで、臭みはいっさいなく、肉質もとても柔らかいのが特徴です。

お値段は、「仔鹿のロースト 季節の野菜添え」1,600円で、その他にも鹿ザンギや鹿肉サーロインのカルパッチョ、鹿100%!デミチーズ鹿バーグなど、ここでしか食べられないジビエ料理が堪能できます。

お店の人気でもある「鹿肉オイスター欲張りプラン」は、エゾ鹿をはじめ、牡蠣や海鮮がもりだくさんで、120分の飲み放題付き5,500円と大変おススメです。

とても小さなお店で隠れ家的な存在のお店は、テーブル席は1席で、後はカウンター席になります。

「鹿肉&オイスターバル 鹿肉スロウダウン」

住所  : 北海道札幌市中央区南7条西4-2-11ショウビル1階
TEL  :  011-522-6266
営業時間: 18:00~翌0:00
定休日 : 月曜~水曜・年末年始
アクセス: 地下鉄すすきの駅から徒歩5分
駐車場 : なし
支払い方法:カード可・電子マネー不可

まとめ

それではまとめていきましょう。

ジビエとは?
北海道で主に食べられているジビエ

・「tabibitoキッチン」
・「炭火肉焼き倉庫 CONOYOSHI」
・「鹿肉&オイスターバル 鹿肉スロウダウン」

ジビエと言っても、鹿だけではなく野生鳥獣の食肉全てがジビエで、北海道では主にエゾ鹿がメインに食べられていることが分かりました。

北海道で食べられるエゾ鹿は、とても栄養価も高く、低糖質で高たんぱく、特に鉄分は牛肉や豚肉などに比べると断トツ多いのが分かります。

是非、美味しいジビエを堪能してみてはいかがでしょうか。

(野呂 裕子)

Share

Related

関連記事

スコッチウイスキーの6大産地の特徴と代表的な蒸溜所を解説

2021.09.29

清酒発祥の地・伊丹の酒と酒スイーツ

2021.09.28

【大人の嗜み】チーズの知られざる魅力

2021.08.20

トスカーナのプロセッコRUFFINOおススメ

2021.08.20