HOME > LifeStyle > 100年の時を超えるイタリアの伝説的名香「アクアディパルマ」

2021.09.28

100年の時を超えるイタリアの伝説的名香「アクアディパルマ」

モノクロシーンが美しい1916年のイタリアパルマ旧市街に小さな香水工房が誕生しました。香水は、仕立てられたばかりのスーツが丁寧に包装される度にシュッとひとふり。包みを開けたその瞬間、さわやかで柔らかな軽い香りが漂います。エレガンスの仕上げに香りをのせてお客様にお渡しする。それが創始者カルロ・マニャーニ男爵のファッション流儀でした。このときに創られたフレグランスこそ、永遠の時を超えて世界中の紳士たちに愛され続けてきた「コロニア」

今回はイタリアン・エレガンスを象徴するライフスタイルブランド「アクアディパルマ」の厳選フレグランス5品をご紹介いたします。

「アクアディパルマ」とは?

・ブランドの概要

パルマ産の「コロニア」は、発売後ヨーロッパで瞬く間に広がり増産が続きました。
1930~50年代にかけては、ハリウッドを皮切りに世界中のセレブたちの間でその名が広まります。そしてブランドはバスローブやタオル、ポーチなどの革製品へも製品分野を拡大。
イタリアを代表するライフスタイル・ファッションブランドに成長しました。

1998年には、ミラノにて初のブティックをオープン。2008年にはイタリアのサルデーニャ島にて高級スパ市場に参入。その後も、パリ、ローマ、マイアミと世界中に店舗を広げ、現在では43カ国で販売されています。世界最大のファッション業界大手企業体であるLVMH傘下、ミラノに本社を置くブランドです。

・「コロニア」からの革新

創業以来、厳選された香料を熟練の技術で調香してきたフレグレンス「コロニア」は、門外不出のレシピを厳重に守り続け、その伝統を次世代に残してきました。
土壌から気候まで最高条件の下で栽培収穫されたオレンジ・レモン・ベルガモット。これら黄金の果実を手作業で抽出・凝縮させた香のトップ・ノートは、ラベンダーやローズマリー、バーベナにダマスクローズのミドルノートへと変化します。そして時間の経過と共にサンダルウッドやパチョリなどのウッディアロマの香を残し記憶に刻む。鮮烈な官能と濃厚な瞬間。「コロニア」の代名詞ともいえるでしょう。

2003年より、この伝統を残しながら「コロニアス」として新シリーズを展開。1999年からは、地中海をテーマにした「ブルーメディテラネオ」、コロニアをベースにした「シグネチャー」、そして女性用フレグランス「ノービレ」と革新的な新ブランドを送り出します。伝統、歴史、価値観を誇りにしながら、未来へと進化し続ける。それがアクアディパルマの香りのコンセプトです。

「アクアディパルマ」厳選フレグランス5選

・「コロニア」オーデコロン

王道クラシカルはシチリアの太陽をいっぱいに浴びた黄金の果実の恵み。柑橘系のさわやかさが時間と共に柔やかな甘さに変わる。メンズスーツにエレガントさを加える最後のエッセンスとしては言うまでもなく、オフシーンでもさりげない安らぎを与えてくれます。上品にエレガントに穏やかに、そして「安心して」まとう人を邪魔しすぎない香り。気分を鎮めるとき、人と会うとき、食事をするとき、主張の強い香立ちではないので人との距離が近い場所でこそ、その優しさが漂うのです。

引用:https://acquadiparma.jp/product_fragrances/colonia/

・「コロニア フトゥーラ」オーデコロン

コロニアスシリーズに新たに仲間入りした「コロニア フトゥーラ」は、未来を意味する真のサスティナビリティをマニフェストに掲げています。原産地名称保護のもと自然環境と強く結びついた土地で生産者と共に大切に育てられた自然由来原料を99%使用。コロニアを踏襲しながらベルガモット、クラリセージ、ラベンダーのフレッシュさがキーエッセンスに加わりました。フレッシュなレモンやグレープフルーツの柑橘系にピンクペッパーのスパイシーなニュアンスは新鮮なラベンダーと丸みのあるクラリセージのハーモニーへと変わります。まさに次世代に向けた未来系フレグランスの誕生です。

引用:https://acquadiparma.jp/product_fragrances/colonia-futura/

・「ブルーメディテラネオ アランチャ」オーデトワレ 

生命感に満ちたイタリアの地中海をアイコンにしたこのシリーズは、地中海に広がる島や村、風景などを象徴する果実の香をもたらします。オレンジ、マンダリン、レモンなどのシトラスブーケの陽気な香は、少しずつグリーンなテイストをはらんだプチグレイン、カルダモンへと変わります。オンからオフまでリラクゼーション効果も抜群。深い海を彷彿させる鮮やかなブルーカラーのボトルも素敵なインテリアのアクセントに。カプリ島の美しさを表現した癒しと幸せに満ちた香りは、誰からも愛され続ける逸品です。

引用:https://acquadiparma.jp/product_fragrances/arancia-di-capri/

・ 「 ブルーメディテラネオ ベルガモット ラ スプンニャトゥーラ」オードトワレ(限定商品)

200kgのベルガモットから抽出されるエッセンスはわずか1kg。 海綿を使い優しく果皮を撫でるのです。他に追随を許さない最高品質は熟練の職人によるアルティザンシップの賜物。世界でも類のない抽出方法によって生み出されたベルガモットエッセンシャルオイル配合の貴重な一滴は、あなたを至福の世界へと誘います。マンダリン、オレンジ、グレープフルーツ、さらにはウイキョウにゼラニウムの香のオーケストラが、素材の音色を優しく奏でます。躍動感に溢れる豊かなひと時をお楽しみください。

引用:https://acquadiparma.jp/

・「シグネチャー サクラ」オーデパルファム

光が生み出す崇高な陰影を表現したフレグランス「シグネチャー」は明香コロニアをベースに、透明ボトルにはフレッシュで鮮やかな香りと黒ボトルには印象が強い香りの2シリーズを展開しました。中でも日本文化の象徴である桜からインスパイアーを受けた「サクラ」は、ピンクペッパーのスパイシーな香からイエローマンダリン、ベルガモット、そしてムスクにサンバックジャスミンへと柔らかに七変化。満開に咲き誇る幻想的な華やかさに包まれたフローラルシトラスの香りは、男女問わずにお使いいただけます。

引用:https://acquadiparma.jp/product_fragrances/sakura/

まとめ

「何の香りなのですか?」と聞かれたならば、それはきっといい匂いと褒められていると思ってよいのではないでしょうか? とかく日本人にとって、香りはハイリスクなオプションとして敬遠されてきた感があります。ところが古今東西、香りは人を虜にしそれだけで心ときめく媚薬でもあったのです。忘れられないあの人は、シトラス系の香りを纏っていた。美しいイタリアの自然と心を震わせる内なる情熱。まさしくイタリアンスタイルの象徴ともいえるアクアディパルマの香り。忙しいビジネスシーンから安らぎのリラックスタイムまで、あなたの日常が香り高き日々となりますように。

アクアディパルマ:https://acquadiparma.jp/

(小川ひろみ)

Share

Related

関連記事

別荘ライフが身近に。東京近郊の貸別荘で仕事と癒しの時を!

2021.09.28

ヨガ習慣で“ととのう”メンズヨガで得られるメリット5選

2021.09.28

ビジネスパーソンの能率を上げ「時間栄養学」

2021.08.20

高級ホテルのクラブフロアでくつろぐ休日。東京のおすすめホテル5選

2021.08.20