HOME > Food > 知っておきたいシングルモルトの世界

2021.07.12

知っておきたいシングルモルトの世界

一人の時間を過ごす大切な場所として、または大切な人をエスコートできる場所として、大人の男性なら、雰囲気のよい素敵なバーを知っておきたいものです。

そして、落ち着きのあるオーセンティックなバーに似合うのは。やはりシングルモルトのウイスキー。

今回はシングルモルトのウイスキーの世界をご紹介します。

「シングルモルト」とは?

ウイスキーに詳しくない人でも「シングルモルト」という名前は聞いたことがあるかもしれません。
「シングルモルト」とは、「ひとつの蒸留所で蒸留された、大麦麦芽のみを原料に使用したモルトウイスキー」のこと。

ウイスキーは複数の蒸留所で蒸留されたものをブレンドするのが一般的。また、原料には大麦だけでなく、トウモロコシ、ライ麦、小麦なども使用されます。このようなウイスキーは「グレーンウイスキー」、それをブレンドしたものは「ブレンデッドウイスキー」と呼ばれます。

また、シングルモルトと言えばスコットランド産のものと誤解している方もいらっしゃいますが、「ひとつの蒸留所で蒸留された、大麦麦芽のみを原料に使用したモルトウイスキー」という条件を満たせば、日本産であってもシングルモルトと呼ぶことができます。最近では、寒冷地だけでなく、インドや台湾でもシングルモルトのウイスキーが生産されています。

ちなみに、ウイスキーの中でも男性の人気が高い「バーボン」は、トウモロコシを51%以上原料として、80度以下で蒸留、内側を焦がしたホワイトオークの樽でアルコール度数62.5%以下で熟成したウイスキーを指します。

シングルモルトの魅力

シングルオリジンの特徴について、おわかりいただけただけたことと思います。次に、シングルオリジンにおける日本茶の魅力について、ご紹介していきましょう。通好みのウイスキーとして人気の高いシングルモルト。では、シングルモルトの魅力はどのような部分にあるのでしょうか。

・蒸留所ごとに製法が異なる
ウイスキーは大麦麦芽を発酵、蒸留・熟成して作られる酒。おおまかな製造過程に違いはありません。

しかし、実は蒸留所によって、細かな過程は異なります。たとえば、「モルトウイスキーの聖地」と呼ばれることもあるアイラ島では、大麦麦芽を乾燥させるときには「ピート」と呼ばれる泥炭を使用します。もちろん、そのピートはアイラ島の自然に育まれたもの。

そのためアイラ島で作られたシングルモルトは独特の香りと味わいを持っています。この香りは、「ピーティー」とも表現される、アイラウイスキー独自のものです。また、アイラ島の蒸留所はすべて海辺にあるため、塩や海藻など、海の香りが感じられるとも言われています。

このように、シングルモルトは産地によって、微妙に異なる製法で作られるため、それぞれが日本の「地酒」のように異なる魅力を持っています。

・水の味わいにより違い
ウイスキーの仕込みに欠かせないものといえば、澄んだ良質の水。そのため、歴史ある蒸留所は、ほぼ例外なく豊かな水のそばに存在します。

この産地による水の違いも、シングルモルトの楽しみのひとつ。代表的なのが、スコットランド北部の「スぺイサイド」で生産されたシングルモルトです。

スぺイサイドは、スペイ川流域の一帯を指し、豊かな渓谷から良質の水が湧きだすことから、スコットランドの蒸留所の約半数がこのエリアに集中していると言われています。森によってろ過された水は透明感があるだけでなく、かすかに森の香りが漂い、芳醇な味わい。また、日本を代表するシングルモルトである「山崎」も、千利休が茶を点てたと言われる歴史ある水の名産地・山崎で作られています。

このように、水に注目して、生産された土地に思いをはせることができるのもシングルモルトの魅力のひとつです。

・樽の個性を楽しむ
蒸留したばかりの酒は「ニューメイクスピリッツ」と呼ばれます。これを樽に詰め、熟成させることで豊かな色や香りを持ったシングルモルトが誕生します。

ここでどのような樽を使うのかも、シングルモルトの楽しみのひとつです。たとえば、バルヴェニー蒸溜所で作られる「バルヴェニー14年 カリビアンカスク」は熟成にカリビアンラムの樽を使用。

そのため、ウイスキーでありながらかすかな甘さと、南国を思わせる香りが感じられます。そのほかにも、シェリーやワイン、ビールの樽などが使われることもあり、シングルモルトの魅力の幅を広げています。

シングルモルトの選び方

豊富な種類と個性のあるシングルモルト。もしシングルモルトにチャレンジしてみたいと思ったときには、どのように選べばよいのでしょうか。

・国や地域から選ぶ
シングルモルトは製造された国や地域によって、味わいが大きく異なるウイスキー。もしシングルモルトを選ぶ場合には、作られた国や地域などから選ぶというのもよい方法です。

たとえば、どっしりとした味わいがお好みなら「キャンベルタウン」がおすすめ。キャンベルタウンはスコットランドのキンタイア半島の先端部にある小さな町で、現在は3つの蒸留所が操業しています。

強い風味が特徴で、海辺の町であることから、同時に潮風の香りを感じることができます。
それぞれの地域の歴史や気候風土を知っておくと、さらにシングルモルトの楽しみが増すかもしれません。

・食事とのマッチングから選ぶ
有名なのが生ガキとのペアリング。海の近くで作られたアイラや、スコットランドの島々で作られたアイランズのシングルモルトと生ガキとの組み合わせは絶品と言われています。

単に食事と合わせるだけでなく、レモンを絞るように、シングルモルトをほんの少量生ガキに振りかけることで、それぞれの風味がぐっとアップ。また、ここ数年で注目されているのが、チョコレートとのマッチングです。

チョコレートとのマッチングを行うときにおすすめなのが、ラムやワインの樽で熟成された香りが高いシングルモルト。チョコレートの風味が、シングルモルトの甘味や香りを引き出してくれます。

最近では、和食や和菓子とのマッチングも流行しているため、新たな美食の世界を試してみたい方におすすめです。

まとめ

シングルモルトの世界にチャレンジ!

産地や製法によって、様々な味わいが楽しめるシングルモルト。ちょっと敷居が高いように思えますが、一度試してみればきっとその味わいのとりこになるはず。ワンランク上の大人の男性のたしなみとして、また新しい趣味として、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(Tally)

Share

Related

関連記事

スコッチウイスキーの6大産地の特徴と代表的な蒸溜所を解説

2021.09.29

ジビエとは?北海道でジビエを美味しく食べられるお店3選

2021.09.29

清酒発祥の地・伊丹の酒と酒スイーツ

2021.09.28

【大人の嗜み】チーズの知られざる魅力

2021.08.20